2014年 第76回日本血液学会学術集会

2014年 第76回日本血液学会学術集会で発表された演題です。
◆ISS is a predictive factor of SCT effect for symptomatic myeloma patients under age 65
大阪赤十字病院 金子仁臣
◆The effects of consolidation and maintenance therapies after high dose therapy with auto HSCT support
大阪大学大学院医学系研究科 柴山浩彦
◆Retrospective comparison of 3 BTZ-based therapies (BD, CBD and MPB) and MP in elderly MM patients
京都鞍馬口医療センター 淵田真一
◆Novel agents for the elderly patients with multiple myeloma: Analysis in Kansai Myeloma Forum
近畿大学医学部奈良病院 八木秀男

タイトルとURLをコピーしました